痛み・抜歯の考え方

痛み・抜歯の考え方

PAIN

痛み・抜歯の考え方

矯正治療の痛みとは?

矯正治療の痛みをできるだけ少なくするために

痛みの少ない治療

矯正治療において想定できる痛みには、「歯が動く痛み」「ものを噛む痛み」「装置が口腔内に当たる痛み」があります。

痛みには個人差がありますが、当院ではそれぞれの痛みをしっかりと把握し、痛みが軽減できるよう取り組んでおります。

歯が動くときの痛み

歯が動くときの痛み

ワイヤー矯正もマウスピース型矯正も矯正装置をつけた直後は、痛みというよりは締めつけられているという感覚があります。

そして初めて装置をつけてから翌日の夜に違和感を感じるピークを迎え、その後痛みは少しずつやわらぎ1週間程度でなくなります。

矯正治療中は歯の移動時にどうしても痛みが発生すると言われています。痛みの強弱でいえば、マウスピース矯正はワイヤー矯正より痛みが少ないです。

ものをかむ痛み

ものを噛む痛み

歯が動く痛み以外に、食事の際に痛みを感じる方がいらっしゃいます。

食事の痛みは歯が移動する際の痛みと同様、数日は付き合う必要がありますが、およそ1週間でなくなります。

かんでいる最中に痛みを感じるので、特に固いものやかみにくい食べものは避けたほうがよいでしょう。

装置が当たるときの痛み

装置が当たる痛み

ワイヤー矯正のときは歯にブラケット装置を使用するので、自然と口の中や舌に装置が当たり、装置が当たるところに口内炎ができたり、痛みを伴ったりすることがあります。

当院では矯正治療の痛みを軽減する取り組みを行います。
痛みが起こる状況がわかっていれば事前に対策をおこないますが、どうしても痛みが改善されないときは、当院から処方する薬や市販の痛み止めで痛みを緩和できます。

矯正治療の抜歯の考え方

できるだけ抜歯をしないために

できるだけ抜歯をしないために

歯を抜かず矯正治療をすれば、健康な歯を残したまま歯並びをきれいに直すという点では理想的ですが、反面歯を抜かず治療をすることできれいに並ばなかったり、矯正終了後に「後戻り」する可能性があります。

そのようなリスクを避けるため、事前に綿密なシミュレーションをおこない、無理のない矯正治療を選択する必要があります。

無理に歯を並べれば、歯茎に負担がかかり歯茎が後退してしまう(歯茎が下がり歯が長く見えてしまう)といったリスクがあります。

矯正治療成功の鍵は丁寧な検査と診断です。

なるべく抜歯せず矯正ができるよう、当院では検査と診断を丁寧におこない、矯正の治療計画をシミュレーションいたします。3Dデジタル技術を用いたCT撮影や精密検査の結果をもとに治療経過や結果を正確に予測し、患者さまにしっかりとご説明し、納得いただいてから治療を始めます。

ページトップへ戻る
INSTAGRAM

INSTAGRAM

にじいろ歯科

〒491-0105 愛知県一宮市浅井町大日比野如来堂1545

TEL:0586-51-0418

駐車場30台完備

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

※ △の診療は14:30~18:00
※ 休診日 : 木・日・祝
祝日のある週の木曜日は診療いたします。

医院紹介 スタッフ紹介 アクセス・診療時間