矯正歯科の勉強会に参加

ブログ

BLOG

矯正歯科の勉強会に参加

こんにちは。

一宮市浅井町のにじいろ歯科です。

先日、名古屋で行われたBSC(バイオプログレッシブスタディークラブ)の根津浩先生の講演へ、行ってきました。

矯正治療でとても大切なのは、診断です。

子供の矯正と大人の矯正では骨格的な成長がある子供と大人の治療では、使う装置や治療方針も大きく異なってきます。

診断が矯正治療の成功の全てだといっても過言ではありません

近年、マウスピース矯正、MRC矯正などいろいろな矯正の装置が出てきていますが、どんな装置で矯正治療を行うにしても診断が大切です。

今回の講演は、そんな診断に関するお話しでした。

どのような治療もそうですが、誤った診断を行うと治療結果に大きな影響を及ぼします。

どこに問題があって、何を治さなくてはいけないのかをしっかりと分析して、治療方針を決定していきます。

矯正治療では、矯正治療の時期を乳歯列期治療I期治療(成長期矯正治療)II期治療(成人矯正治療)に主に分けられることが多いです。

Ⅰ期治療(成長期矯正治療)といわれる子供の矯正治療は、頭や顎の骨の発育が正しい成長をしているのかをセファロ写真と呼ばれる横顔のレントゲン写真で分析を行って調べ、骨格的な問題点の有無を調べたりします。また歯型をとって顎の大きさに対しての歯の大きさを計測して、しっかりと永久歯が生えるスペースがあるのかといったことも計測します。

セファロ写真

ちなみにこのレントゲンは、僕のレントゲン写真を分析途中のものです(笑)

それが精密検査と呼ばれる検査(ホームページに詳しく載せてあります。)となります。その診断結果に応じて、顎の骨を広げたり、顎の骨の発育を助けて、永久歯が健康的な位置へ生える手助けをします。

また、II期治療(成人矯正治療)も、同様に精密検査を行いますが、成長期治療と大きく異なるのは、もう骨格的な成長が終わっているために、骨や顎の成長を促すことはできません。顎に対して歯の大きさが大きな場合、口元や横顔など総合的に評価してスペース確保のため歯を抜いたりすることも治療方針として考えられます。

BSCの根津浩先生と一緒の写真です

根津浩先生と。

矯正の勉強会

これは、以前、バイオの矯正のコース(ZEROBASE BIOPROGRESSIVE PHILOSOPHY COURSE 、ZEROBASE BIOPROGRESSIVE MECHANICS COURSE )に参加した際にグジノ先生、根津浩先生、永田先生の三名の大御所の先生に頂いた宝物のサインです。

 

一宮市・江南市・扶桑町・大口町・岐阜の歯科 小児歯科(こども歯科)のにじいろ歯科 

矯正歯科・小児歯科・予防歯科・審美歯科・ホワイトニング・インビザライン

ページトップへ戻る
INSTAGRAM

INSTAGRAM

にじいろ歯科

〒491-0105 愛知県一宮市浅井町大日比野如来堂1545

TEL:0586-51-0418

駐車場30台完備

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

※ △の診療は14:30~18:00
※ 休診日 : 木・日・祝
祝日のある週の木曜日は診療いたします。

医院紹介 スタッフ紹介 アクセス・診療時間