インプラント以外の選択肢

インプラント以外の選択肢

CHOICES

インプラント以外の選択肢

インプラントってどんな治療?

“インプラント”という言葉は、もともと人体に埋入する人工物の総称を指します。歯科医院で使用されるものは正式には“デンタルインプラント”と呼ばれますが、現代のインプラント治療の普及により、インプラントという呼び方が一般的になってきました。

インプラントは、何らかの理由で歯を失くした部分に人工の歯根を埋め込み、歯を補うという治療方法です。

今までは義歯やブリッジでの治療がメジャーでしたが、近年インプラントが注目されています。そもそも歯は歯の部分と歯根部分(歯を支えるところ)からできており、歯を失くすということは同時に歯根も失くしている状態です。歯根がまだ残った状態で行う差し歯と違い、歯根がなく抜歯を必要とする場面で行うのに適しています。
インプラントがもつ数々の特徴やメリットを知っていただき、ぜひ治療を検討していただければと考えています。

ブリッジや義歯との違いは?

同様の治療法にブリッジや義歯があります。インプラント治療との違いがどこにあるかご存知でしょうか?
インプラントは保険適用外となる上に外科手術を伴いますが、一方で多くのメリットをもちます。
中でも大きな魅力の一つが、“ほかの歯に負担をかけない”という点。インプラントと呼ばれる人工の歯根を埋入することで、ほかの歯が支えなくとも独立した歯を実現できます。せっかくご自身の健康的な歯があるのに、削ってしまうのはもったいないことです。
歯は生きている限り一生つきあう大切なものですから、自分の健康的な歯を極力多く残したい方におすすめの治療方法です。

義歯

義歯には部分義歯と総義歯との二種類があり、いずれも患者様自身での取り外しが可能な仕組みです。

ブリッジとの決定的な違いは広い範囲で歯を失くした方にも有効な治療方法である点ですが、外れやすかったり食事の際にものを噛みづらかったりとデメリットも複数指摘されています。

なお義歯による治療では医療保険が適用されるものの、保険適用内で用いられる素材には限りがあります。

保険適用内の治療にこだわりすぎると、義歯に必要以上の厚みが生じたり部分義歯では金属が見え隠れしたりと不具合が生じる可能性も。よって見た目を気にする方には不適ともいえるでしょう。

ブリッジ

治療部分の両横の歯を削り、それらを支えとして歯を補う方法です。
治療の際に固定する仕組みであるため日常生活における違和感が比較的少なく、用いる素材によっては天然の歯と見間違えるほどの美しい仕上がりを実現できます。
ただ治療段階で健康的な歯を削るため、いずれ周辺の歯を失うというリスクも孕んでいます。加えて歯肉との間に残渣を溜めやすいため、ご家庭での日頃のケアが非常に重要です。

日頃の歯みがき不足により、周囲の歯を欠損させてしまう方も少なくありません。ご家庭での日常ケアや定期的な検診に来ることが難しいという方は特に注意が必要です。

各治療方法の比較

項目
義歯の特徴
見た目の美しさ
部分的な義歯の場合金属が目立つことも
噛み心地
義歯が合わなければ違和感や痛みが出る
ものを噛む力
総義歯天然歯の約20%・部分義歯約40%
周囲の歯への影響
部分義歯の場合、バネがかかる歯に負担がかかる
味覚
熱を感じにくいため若干影響
項目
ブリッジの特徴
見た目の美しさ
素材によっては美しい見た目を実現可能
噛み心地
天然の歯に近い
ものを噛む力
同上(支えとなる歯が良好な状態である場合)
周囲の歯への影響
支えの歯を削る必要がある
味覚
影響なし
項目
インプラントの特徴
見た目の美しさ
天然の歯に近い
噛み心地
同上
ものを噛む力
同上
周囲の歯への影響
影響なし(治療歯のみで完結)
味覚
影響なし
ページトップへ戻る
INSTAGRAM

INSTAGRAM

にじいろ歯科

〒491-0105 愛知県一宮市浅井町大日比野如来堂1545

TEL:0586-51-0418

駐車場30台完備

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

※ △の診療は14:30~18:00
※ 休診日 : 木・日・祝
祝日のある週の木曜日は診療いたします。

医院紹介 スタッフ紹介 アクセス・診療時間