サージカルガイド

サージカルガイド

SURGICAL GUIDE

サージカルガイド

インプラントを正確に埋入するために

当院のインプラントでは、あらかじめ手術のシミュレーション行い、安全にインプラント埋入をするためにサージカルガイドを使用しています。
インプラントは経験と感覚のフリーハンドで骨に埋入するのがこれまでのやり方でした。その為、まっすぐ埋入したつもりが曲がっていたり、深さを誤って神経に近づいてしまったりと正確さにかけるものがあります。

近年のインプラント治療では、3D画像診断のCTと埋入を補助するサージカルガイドを使用し、正確なインプラント埋入、そして正確な深さで間違いのないインプラント埋入を行います。
当院ではこのサージカルガイドの中でも、よし精密なエールガイドを使用しより安心していただけるようなインプラント埋入を提供いたします。

安全正確なインプラント埋入を補助する”サージカルガイド”

サージカルガイドを使うと、このようなメリットがあります。

1.歯茎を切り開く処置がなく、患者様の負担が軽減される
2.最終的な歯の形を推測でき、ゴールがわかった上で治療ができる
3.インプラント埋入で、下顎の骨の神経を傷つけるリスクがない

一つずつ詳しくご説明します。

歯茎を切り開く処置がなく、患者様の負担が軽減される

従来のインプラントでは、歯茎の切開が積極的に行われてきました。これは、手術の際に骨の状態を視認しやすくするためです。

しかしサージカルガイドでは、ガイドに沿って推測された箇所へ正しくインプラントを埋め込むことができるため、歯茎の大きな切開をせず、インプラント埋入を行うことが(フラップレス)可能となります。

フラップレス手術(切開しない手術)を行うことで、術後の腫れや痛みや出血も軽減させられます。
ただし状況によってはフラップレス手術をお断りする場合もございますのでご了承ください。
にじいろ歯科では、患者様一人ひとりに合った、心身の負担を最低限に抑えられる治療を提案させていただきます。

最終的な歯の形を推測でき、ゴールがわかった上で治療ができる

今までは、まずインプラントで土台を作ってから上へかぶせる人工歯の形状を考える、という治療法が主流でした。つまりインプラントの埋め込み方によって最終的な見た目が変わるため、治療後に”想像と違う仕上がりになった”というトラブルも少なくありませんでした。一方で、サージカルガイドを使えば完成形がわかった上で治療を行うことができます。
より正確で、審美性の高い安全な治療へと繋がるのです。具体的な流れは以下の通りです。

① 治療後の完成形を模型で実際に再現し、機械に読み込ませます。
② 読み込ませた内容を最も理想に近い形へ調整し、サージカルガイドを設計します。
③ 設計したガイドをもとにインプラント手術を行います。

サージカルガイドは、インプラントの土台を正確に作成するために必要不可欠な装置なのです。

インプラント埋入で、下顎の骨の神経を傷つけるリスクがない

手術前のシミュレーションが甘いと、誤って歯の神経を傷つけてしまう事故が稀に報告されます。

インプラントで麻痺が残った、などという症例の多くはこれが原因です。そこで、当院ではこのような事故が起きぬようサージカルガイドを用いて正確な治療を行います。
今までは“人の手でおこなう手術だから起こってしまった”という事故も、サージカルガイドの助けがあればまず起きません。

当院で用いるサージカルガイド(エールガイド)のメリット

当院では、患者様に精密精確な治療をお届けするために、サージカルガイドの中でもより精密な”エールガイド” を用いて治療しております。

技工所と同じタイミングで設計の状況を確認

サージカルガイドとは異なり、エールガイドでは技工所へ模型を送付して終わりではありません。

患者様のデータを歯科技工士とともにパソコン画面で共有することにより、同時遠隔操作で設計を進行させます。埋入の角度や深さ、位置などを的確に再現することが可能です。

高精度なサージカルガイド作成

エールガイドでは、高精度なサージカルガイドの作成に努めております。そのため、素材の変形防止や適合の確保のため、光造形法や3Dプリンタは用いません。
レゴブロックを使い、製作工程でのズレが生じないようにしています。スリーブの位置設定において、寸法誤差が出ることはほぼありません。
レゴブロックは製造誤差が0.002mm 以内と決められており、これを用いることで誤差が全くないサージカルガイドを実現させます。

患者様の負担軽減

当院のインプラントでは、基本的に歯茎の切開や必要以上の骨削りを行いません。
よって、従来の手術よりも痛みや腫れ、出血を抑えることが可能です。
サージカルガイドでピンポイントに埋め込むことで、手術も短時間となり患者様の心身の負担を軽減させられます。

サージカルガイドの流れ

①治療前の歯型模型作成

現在の口腔状態に適合したガイドベース(インプラント手術の精度を高めるためのマウスピースのようなもの)を作成するために印象をとり、治療前の模型を作成します。

②模型に適合するガイドベースの作成

ガイドベースを、よくある3Dプリンタではなく、製造誤差が0.002mm以内で作られているレゴシステムを使用して作成します。

このレゴシステムを使用することでガイドベースと歯のズレを少なくし、インプラント手術の精度を高めます。

③ガイドベースの適合確認

実際に口腔内にガイドベースを装着し、左右にガタつかないか、カラーマークが歯の先端と接しているかなどの適合確認を行います。

④CTの撮影

目視によるガイドベースの適合確認が終わったら、実際に装着した状態でCTの撮影を行います。

目視では確認しづらい部分がCTを使用することでより鮮明に確認することができます。

⑤技工士と埋入位置の同時設計

リアルタイムで技工士と設計画面を見ながら、設計の指示と確認を行います。

その後ガイドベースにシミュレーションに基づきスリープ(正しい位置に正確に外科用ドリル等を誘導するための穴)をあけます。

⑥ガイドベースの再適合確認

スリープ(穴)があいたガイドベースが届いたら、再度ガイドベースを装着し、ズレや浮きがないかの確認を改めて行います。

※万が一適合しない場合は使用できないため、再作成となります。

⑦CT撮影による最終チェック

再度ガイドベースを装着した状態でCT撮影を行い、制作・適合・設計の最終確認を行います。
撮影したCTデータを用いて、シミュレーションソフトや物差しツールなどで撮影された実際のスリープからの距離を計測します。

スリープの高さや解剖学的に問題はないかなどの視点から確認します。

⑧オペ前の口腔内チェック

ガイドベース使用にあたり問題がないかを確認します。
主に、開口量は十分か、舌圧でガイドベースが圧迫されないか、嘔吐反射がないかなどをチェックします。

⑨ガイドベース装着・ポジション決め

しっかりとガイドベースを適合させ自然な体勢を取ってもらってからインプラント手術に入ります。

ページトップへ戻る
INSTAGRAM

INSTAGRAM

にじいろ歯科

〒491-0105 愛知県一宮市浅井町大日比野如来堂1545

TEL:0586-51-0418

駐車場30台完備

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:30

※ △の診療は14:30~18:00
※ 休診日 : 木・日・祝
祝日のある週の木曜日は診療いたします。

医院紹介 スタッフ紹介 アクセス・診療時間