一宮市でインプラントならにじいろ歯科へ

〒491-0105
愛知県一宮市浅井町大日比野如来堂1545

MAP

 

電話でご予約

初診インターネットご予約

診療時間表

 

  • 虫歯治療
  • 予防歯科
  • 矯正治療・小児矯正
  • 小児歯科
  • 歯周病
  • 入れ歯。・義歯
  • 口腔外科・インプラント
  • インビザライン
  • ホワイトニング

スタッフ募集

 

 

にじいろ歯科/矯正歯科こども歯科

〒491-0105
愛知県一宮市浅井町大日比野如来堂1545
一宮市の歯科/一般歯科・矯正歯科・小児歯科
審美歯科・予防歯科・インプラント・インビザライン・ホワイトニング/

 

 

歯を失ってお困りの方へ

インプラント治療は何らかのトラブルにより歯を失った場合に、歯の骨へチタン製の人工的な歯根を埋入し、その上から、さらに人工的な歯をかぶせる治療法のことです。
インプラント治療には多くのメリットがあり、

・他の治療法のように周囲の歯を治療する必要がない
・該当の歯のみで治療が完結する
・天然の歯に近い感覚を得られるため、食事の際や見た目に違和感がない


といったことが挙げられます。

 

当院のインプラント治療について
歯科用のCTを採用し歯を三次元的に解析


当歯科では、歯科専用のCTを使用して治療を行います。
レントゲン画像上で三次元的に骨の状態や歯の位置を再現するため、通常のレントゲンだけではわかりづらい骨の幅や厚み、奥行き、神経の位置をより正確に把握することが可能です。
より現実的な解析で、より安心、安全に配慮した手術時のシミュレーションを行いやすくなります。

歯科用CTを使うことで、患者様には安心安全のインプラント治療を受けていただくことができます。
患者様への心身的な負担を軽減できるという点、安全性の面からも歯科用のCTはインプラント治療でなくてはならない存在といえるでしょう。

 

腫れと痛みを最大限抑えるための治療


当院では、手術時の麻酔薬に”電動注射器”も採用しており、注入をコンピューターで調整することが可能です。
これは、麻酔の注射自体に不安を抱く患者様の気持ちを緩和することができるという利点を持っています。

また、これに加えて希望される方には口腔外科麻酔科医による手術中の”静脈内鎮静法”も導入しています。
静脈内鎮静方では、意識があることで治療自体に恐怖を感じている患者様に用いることができ、まるで眠っているかのような意識にできるので、手術に抵抗なく臨んでいただけます。

なお、手術中は生体情報モニタによって脈拍や血圧の全身管理を徹底しています。患者様の状態を診ながら治療しますのでご安心ください。

 


安全性を第一としたサージカルガイドの活用


当院では、より安全性な治療を追求するために”サージカルガイド”を導入しております。
サージカルガイドとはCTで設計した位置と全く同じ位置にインプラントを埋入する際にインプラントの埋入位置、角度、深さを確実に行うための補助装置です。
すなわちシュミレーション通りの位置にインプラント埋入をアシストするものがサージカルガイドです。

さらに一般的なサージカルガイドよりも進化した『エールガイド』を導入しております。
エールガイドは、一般的なサージカルガイドより、一層精密となっており、より正確でズレもほとんどありません。

 

今、日本で行われているインプラント治療では、平面レントゲンもしくは、CTで画像を確認したらインプラントの埋入方向を確認して、フリーハンドでインプラントの埋入を行っている歯科医院がほとんどです。

しかし、フリーハンドでは、しっかりと事前にCTを撮影し、この位置にインプラントを入れようと設計したにも関わらず、実際に手術時に設計よりもインプラント体が斜めになってしまったり、位置が少しずれたりとCTと全く同じ位置に埋入することはかなり難しいのが現状です。

 

サージガイドの利点としては、

 

・事前のCT設計と同じ位置にインプラントの埋入を行うことが可能
・下顎の中を通っている神経をCT上で回避する設計で、しっかりと手術を行うことができるので、フリーハンドと比較して傷つけるリスクがかなり減少する
・上部構造(インプラントの上の被せ物)を理想的な形で再現可能

 

往来のインプラント治療では、インプラントを埋入後、インプラントの位置に合わせ、上の被せ物の形を決めます。
イメージとしては、家を建てる際に、最終的な家の設計を行わずいきなり土台を立ててその後、土台に合わせて家を建てていくのが、往来のインプラント治療になります。

対して、サージカルガイドを使用したインプラント治療は、家の設計(被せ物)、基礎の土台(インプラント体)設計を実際にCT上で作製し、その設計を再現できるようにサージカルガイドを設計して、模型上にサージカルガイドを作製し、それを用いてインプラント埋入手術を行うものとなります。

そのため当院では、手間はかかりますがサージカルガイドを作製し、CT上で事前にシュミレーションした位置と同じ位置にインプラントを安心かつ安全に確実に埋入するインプラント治療を行っております。


サージカルガイドに関して詳しくはこちら


 

エールガイド(サージカルガイド)

 

通常のサージカルガイドは、CTデータをもとに患者様の実際飲ん歯型に合わせることなくコンミューター上で作成され、そのガイドに空いたドリルの方向を決める最も大切な穴の方向や角度、深度があっているかを再度口腔内でダブルチェックせず、そのままオペになることがほとんどです。

サージカルガイドは、手間はかかりますが、治療の流れにあるようにズレの無いようにステップごとに患者様のお口の中で設計とズレが無いことを確認しつつできる、より正確なサージカルガイドを使用しております。

 

 

 

 

 

 

豊富な実績で安心安全な治療を提供します

 

 

インプラントを初めて行う方は、”失敗が怖い”や“痛いのが嫌だ”と口を揃えておっしゃいます。
経験のないことに対し、不安になるのも無理はありません。

当院では、数多くの症例や臨床経験を持つインプラント専門の医者がインプラント治療を担当。
患者様とのコミュニケーションを重視し、気持ちに寄り添ったベストの治療を行いますのでどうぞご安心ください。

 

 

 

 

治療の流れ
1.診察と治療計画の作成

 

まずは、患者様への問診と口腔内の状態を診察。併せて顎の骨量と質を調べるために、CTの撮影も行います。

サージカルガイドの歯型採りを行い、技工所にてサージカルガイドの作製します。

出来上がってきたサージカルガイドを口腔内での適合性を実際に確認し、CTを撮影します。

撮影されたCT及び、サージカルガイドを技工所へ送り、技工士とコンピューター上でインプラントの埋入位置を設計の打ち合わせを行います。

設計された位置にサージカルガイド上にインプラント埋入用のガイドが付与されて、出来上がってきますので、ズレが無いかどうかを、口腔内にサージカルガイドを再度戻し、CTを撮影し、確認します。

 

2.手術によるインプラントの埋入

 

局部麻酔により、インプラント手術を行います。
入院は必要なく、通院のみで治療が可能です。

 

3.インプラントと骨との結合期間

 

インプラントが歯の骨と結合するまで、しばらく期間を置いて様子を確認します。
期間は、患者様の口腔内の状態や治療経過により様々です。

 

4.型採りのための手術(2次オペ)、インプラント上部構造(被せ物)の型採り

 

インプラントのネジ穴の部分が歯ぐきの中に埋まっている部分を開ける手術を行います。

その後、患者様の天然歯の色と形に合った人工の歯(上部構造)を作成するための型採りを行います。
出来上がった被せ物(上部構造)を、インプラントの上に装着します。

 

5.定期的な経過確認

 

治療後は、患者様自身の歯と同様にお手入れが可能です。
歯科医院での定期的なメンテナンスをおこないます。

 

治療にかかる費用

治療にかかる基本料金は以下の通りです。
※下記はすべて税抜き表示です。状況により異なりますので詳しくはご相談くださいませ。

 

カウンセリング及びCT撮影~診断

0円

サージカルガイド
(片顎4歯まで)
50,000円
サージカルガイド
(片顎5歯以上)

70,000円

インプラント埋入手術 250,000円
アバットメント、印象手術 25,000円
上部構造

70,000円

ソケットリフト 50,000円
片顎サイナスリフト 200,000円
骨造成

30,000円

義歯アタッチメント

90,000円

仮歯

10,000円

 

 

治療後のメンテナンスが大切です

歯は、一生付き合うとても大切なものです。
治療後もトラブルなくお過ごしいただくために、当院では定期的なメンテナンスをおすすめしています。
インプラント自体が歯周病や虫歯になることはまずないですが、場合によっては”インプラント周囲炎”を引き起こす恐れがあります。

日頃の手入れを怠ることで、インプラントとその周りの粘膜が炎症を起こすという病気です。
この病気が進行すると、最悪のケースではインプラントを取り除かなければならない状況になってしまいます。

患者様の大切な歯を健康な状態でより長く使っていただくため、歯科医での定期的な検診を行いましょう。

 

 

インプラントについてQ&A
Q1.ブリッジや入れ歯との違いは何ですか?

ブリッジや入れ歯との異なる点は、なんといっても見た目の良さと機能性の高さにあります。
インプラントは、天然歯に限りなく近い仕上がりを実現することが可能です。

さらにブリッジや入れ歯には、いくつか懸念すべき点があります。


ブリッジ

・通常の歯より少ない本数でかみ合わせを維持するため、残っている歯への負担が大きく、歯が折れてしまう場合もある
・欠損している両側の歯を削らなくてはいけない


入れ歯

・天然の歯よりも噛む力が低下してしまう
・歯をなくした部分の骨が次第にやせていく
・取り外しが必要
・残っている歯への負担が大きい


インプラントでは自分の歯に近い咬み合わせを回復することが可能です。

 

Q2.今までの天然歯のように物を咬めますか?

はい、今まで通りのように咬んでいただくことが可能です。

これは、インプラントにチタンという金属を使用しているために実現できることです。
というのも、チタンは骨に触れることで周りの組織と結合がなされ、骨組織にしっかりとくっつきます。その結果、まるで自分の歯のような咬みごたえを実感できます。

 

Q3.インプラントを断られる場合はありますか?

はい、場合によっては治療をお断りする場合がございます。
代表的なものでいえば、糖尿病や高血圧症、骨量不足をお持ちの患者様です。

これは、骨結合へのリスクの懸念や手術による合併症の可能性が考えられるためです。骨量に関しては、骨造成で骨を増やすことによって、手術が可能となる場合もあります。
上記の既往歴がある患者様は、当院へ一度ご相談いただければと思います。

 

 

にじいろ歯科/矯正歯科 こども歯科 一宮市の歯科医院/一般歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・インビザライン・ホワイトニング/江南市、扶桑町、大口町

 

 

一般歯科 矯正歯科 小児歯科 歯周病 入れ歯・義歯 予防歯科 インプラント インビザライン ホワイトニング
S