妊娠中の歯科治療について(マタニティ歯科)

- Category - マタニティ歯科

一宮にじいろ歯科/矯正歯科では、マタニティ歯科にも力を入れております。

 

妊娠中の歯科治療について

妊娠中は、つわりや女性ホルモン(エストロゲン)の増加により、虫歯や歯周病になりやすくなります。

つわりの影響で歯みがきができなかったり、歯肉が炎症しやすいことにより歯周病の悪化リスクが高まります。また歯周病は、早産や低体重児を出産する確率が高まると報告もありますので注意が必要です。

妊娠中でも時期に応じて歯科治療は可能です。

妊娠中の歯科治療

妊娠初期(15週まで)

妊娠初期は、切迫早産が起こりやすい時期です。特に4~8週は慎重に治療にあたり、12週までは、口腔内の診査や清掃程度にしておきます。歯の痛みや歯茎のはれなどの急性症状がある場合には、治療は応急処置を留め行います。

妊娠中期(16~27週)

妊娠中期は、安定期になります。ほとんどの歯科治療を行えます。妊娠8カ月を

出産前の比較的に安定しているこの時期に、治療を行うことが望ましいです。

妊娠後期(28週以降)

妊娠後期になると、早産などもあるので応急処置程度に留めて、出産後に治療を行います。

妊娠中になりやすいお口の症状

・虫歯、歯周病

つわりにより、十分に歯磨きできず、嘔吐による胃酸の影響もあり、歯に汚れが付着しやすくなります。そのため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

・妊娠性歯肉炎

ホルモンバランスの変化から、妊娠初期は歯茎が腫れて、出血しやすいです

・妊娠性エプーリス

歯肉の腫脹

妊娠中に増えるホルモンの影響により、赤く歯茎がぷくっと大きく膨れ、出血もします。出産後に自然と治癒することが多いです。

Q&A

妊婦さんからよくある質問

Q.妊娠中にレントゲン撮影をしても問題ないのでしょうか?

歯科のレントゲンは口腔内の限られた部位のみをX線の量も少なく行います。また直接腹部にレントゲンが当たることはありません。さらに防護用の特殊なエプロンを着用しますので影響はほぼないと考えられます。

Q.妊娠中に歯科麻酔をしても問題ないのでしょうか?

歯科治療で使用する麻酔は、歯茎の周囲に打ち局所に作用する局所麻酔で、一般的な外科手術と比較すると、薬液量が圧倒的に少なく、注射した部位で分解されますので、体への影響は心配されなくて大丈夫です。

Q.つわりで歯が磨けません。どうしたらよいでしょうか?

口腔内を綺麗に保つために、こまめなうがいから少しずつ始めましょう。そして歯科医院でお口のクリーニングを定期的にしましょう。

Q.授乳中の歯科麻酔、レントゲンの影響はあるのでしょうか?

歯科麻酔薬やレントゲンが母乳に影響することはほとんどありません。痛み止めなど処方の際は授乳中であることをお知らせ頂けましたら、安全なお薬を処方いたします。心配な場合は、服薬後に5時間ほど間を開けることで体外へ薬が排出されますので、その後に授乳して頂くようにお願いしております。

 

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯の原因となる菌(ミュータンス菌)はいません。特に一番接することが多い母親の虫歯が子供の虫歯リスクに影響することが多いため、『母子感染』と言われます。

母親に虫歯がある子供とない子供を比較すると、虫歯がある母親の子供の方が、虫歯の罹患率が高いことがわかっています。特に生後1才7か月から2才7カ月の1年間が、『感染の窓』と言われ、感染の危険性が高く注意が必要な時期と言われます。

お子様に虫歯菌を移さないように妊娠中からしっかりと虫歯治療および、虫歯予防に心がけましょう。

 

診療予約方法

カウンセリング

診療をご希望の方は、事前に予約をお取りください。  

ご予約の方法は2通りです。お痛みがあるなど緊急を要する方は、お電話ください。

 

 

〒491-0105 一宮市浅井町大日比野如来堂1545

一宮にじいろ歯科/矯正歯科 こども歯科 一宮市の歯科医院です。歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・インビザライン・ホワイトニング
江南市、各務原市、稲沢市からも通いやすい歯医者です。

ご予約は0586-51-0418まで。初めての方はネット予約もございます。