保険と自費治療の部分的な被せ物の違い

- Category - 虫歯治療

こんにちは、一宮市浅井町の歯医者『にじいろ歯科』です。

よく保険治療、自費治療の被せ物の違いについて質問をいただきますので、今回は部分的な被せ物(インレー)についてお話したいと思います。

保険治療とは、保険で行うことができる治療で、奥歯の部分的な被せ物は銀歯になります。 自費治療とは、保険が効かない治療で、主にセラミックなどを材質として使用した被せ物になります。 保険と自費治療の被せ物の差は、料金の違い、色が白いかどうかだけでなく、材質や、強度、虫歯になりにくさ、汚れのつきにくさなどが挙げられます。

※上の写真はセラミックインレー(e-max)の症例です。色は個人差があります。

☆保険治療:奥歯(銀歯)

メタルインレー  

長所   保険適用

・短所

①色

銀歯は会話したりする際にキラッと光り目立ちます。

笑うと目立つ  

②強度

銀歯はある程度の強度がありますが、プラスチックの樹脂は強度が弱く、欠けたり割れたりしやすいです。

②汚れが付きやすい

個人差はありますが、自分の歯やセラミックの歯に比べて汚れが付着しやすいので虫歯や歯周病のリスクが上がります

③虫歯のリスクが高くなる

二次カリエス(インレー)

入っていた金属を外すと痛みがなくても、気づかない内に虫歯になってしまっていることがよくあります。 保険治療では使用する材料が決められているため、強度や精度がセラミックなどの材料と比較して下がります。その結果、汚れが付着しやすい等といったことから虫歯のリスクが上がります。

☆自費治療:奥歯(セラミック:e-max)

※上の写真はセラミックインレー(e-max)の症例です。色は個人差があります。

・長所

①色

色は、透明感や艶のある変色のない自然な歯になります。(個人差はあります)

 

②強度が高い

セラミックは、強度も高いのが特徴です。

③汚れが付きにくい

セラミックは傷がつきにくいため細菌がつきにくいのも特徴です。

・短所

自費治療になるので、保険が適用でない。(費用が1本4万5千円+税)

お気軽にスタッフまでお問い合わせください。

〒491-0105 一宮市浅井町大日比野如来堂1545

にじいろ歯科/矯正歯科 こども歯科 一宮市の歯科医院です。歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・インビザライン・ホワイトニング

ご予約は0586-51-0418まで。初めての方はネット予約もございます。