歯の神経を残せる場合も

歯の神経を残せる場合も
- Category - 予防歯科, 虫歯治療

こんにちは、一宮市浅井町の歯医者「にじいろ歯科」です。

先日、京都東福寺の、緑紅葉を見てきましたが本当に鮮やかな緑色が素敵でした。

東福寺の緑紅葉

さて、今回は虫歯についてのお話です。

お子様の生えたての大人の歯(永久歯)は、すごく弱いので虫歯になりやすいです。

この子は10歳時の女の子です。左下の永久歯に大きな虫歯がありました。本来であれば神経をとる処置が必要な大きさの虫歯でしたが、年齢と症状を考えて、神経に近い所の虫歯はそのままにして、その歯の他の虫歯は徹底的に綺麗にして、残っている虫歯を無菌化する処置をして3ヶ月ほどしっかりとセメントで封をしていく治療を行いました。

IPC前IPC後

神経ギリギリの虫歯があった最初のレントゲン写真から、次のレントゲン写真の赤の矢印がさすように、虫歯の上にある薬(画像の白の部分)の下に健全な歯が出来ています。再度3ヶ月後に無菌化された虫歯を取って、綺麗に詰めなおしました。歯の神経も守られました。

コンポジットレジンにて治療後の写真です。

痛みも無く、予後も良いです。痛くないからといって、放ってあるお子様の虫歯は、進行が早いため早めに治すことをお勧めいたします。

話は変わりますが、

昨年に引き続き、最近もカエル君が診察室の窓にいることがあり、患者様やスタッフみんなで癒されてます。

アマガエル

〒491-0105 一宮市浅井町大日比野如来堂1545

にじいろ歯科/矯正歯科 こども歯科 一宮市の歯科医院です。歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・インビザライン・ホワイトニング
江南市、各務原市、扶桑町、大口町からも通いやすい歯医者です。

ご予約は0586-51-0418まで。初めての方はネット予約もございます。