子どもの年齢によるフッ化物入り歯磨きの濃度や量の違いについて

子どもの年齢によるフッ化物入り歯磨きの濃度や量の違いについて

こんにちは、一宮にじいろ歯科/矯正歯科です

フッ化物入りの歯磨き剤を使用したり、フッ化物洗口や歯にフッ化物を塗るのが、なんとなく良いのはわかるけど、詳しくは・・・という方も多いのではないでしょうか?

フッ化物は虫歯を予防するのにとても有効な方法です

フッ化物には主に4つの働きがあります。

①歯のエナメル質(ハイドロキシアパタイトという結晶でできています)を改善する

②歯の中のカルシウムがフッ素イオンと結合して、歯質を強化する

③再石灰化(歯の表層が溶かされてしまったところを修復する機能)

④細菌・酵素作用の抑制

この①~③の作用により、フッ化物は歯を強化して、④の作用で酸の賛成を低下させる役割があります。

さて、フッ化物応用したものが”3つ”あるのはご存じでしょうか?

 

①フッ化物配合歯磨剤

年齢 歯が出た直後~  頻度 毎日  

歯磨き粉

多くの人にとって最も身近なセルフケア用品です。毎日使用することで歯の再石灰化の促進にも役立ちます。

年齢によってフッ化物濃度や歯磨き粉の量が異なります。

年齢:歯の萌出直後~2才  

歯磨き剤のフッ素濃度:500ppm

使用量 切った爪ほど

年齢:3~5才       

歯磨き剤のフッ素濃度:500ppm

使用量 5mm程度

年齢:6~14才     

歯磨き剤のフッ素濃度:1000ppm

使用量 1cm程度

年齢:15才以上      

歯磨き剤のフッ素濃度:1500ppm

使用量 2cm程度

年齢による歯磨き剤目安

②フッ化物洗口

年齢4~14歳 頻度 毎日または週に一回

ブクブクうがいができるようになってから始めます。

毎日法(225~250ppm、450ppmのフッ化ナトリウム溶液を使用)と週一法(900ppmのフッ化ナトリウム溶液を用いる)があり、5~10mlの洗口剤で30~1分間洗口します。

フッ化物洗口剤でうがい

③フッ化物歯面塗布

年齢 歯が出た直後~(特に1~13歳) 頻度 少なくとも半年に1回

歯の表層へのフッ素の取り込み量が大きいのが特徴

生えた直後の歯に行うのが効果的テキメンです。

虫歯のできやすい生えた直後の歯は、2~3年繰り返し塗布することが大切です。

 

診療予約方法

カウンセリング

診療をご希望の方は、事前に予約をお取りください。  

ご予約の方法は2通りです。お痛みがあるなど緊急を要する方は、お電話ください。

〒491-0105 一宮市浅井町大日比野如来堂1545

にじいろ歯科/矯正歯科 こども歯科 一宮市の歯科医院です。歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・インビザライン・ホワイトニング
江南市、各務原市、稲沢市からも通いやすい歯医者です。

ご予約は0586-51-0418まで。初めての方はネット予約もございます。