銀歯を白くしたい(部分的なセラミックの詰め物)

- Category - 審美歯科, 虫歯治療
こんにちは、一宮市浅井町の歯医者『にじいろ歯科』です。
 
よく口の中にある銀歯を白くしたいという質問をいただきます。
銀歯と白い歯について。メリット、デメリットについて説明させていただきます。
 
今回は、部分的な被せ物(インレー)について説明します。
 
治療の仕方は大きく2つに分けられます。
 
①保険治療
 
(1)コンポジットレジン充填治療   
・虫歯を取った穴を光で硬化するプラスチックで埋める治療です。
 
CR(コンポジットレジン)治療可能なケース
 
虫歯の範囲が小さい、治療箇所が力が、かかりにくい場所であれば、CR治療が可能です。
利点としては歯を削る量も少なくてすみ、歯型採りも必要がないので治療も一度で済みます。
 
CR(コンポジットレジン)治療が難しいケース
 
大きな虫歯ですと金属に比べて弱い樹脂(CR)では、咬合圧に耐えられず、欠けてしまいます
そのため、虫歯の穴の大きさや、元々口の中に入れられている部分的な金属の面積などが大きく
残っているご自身の歯の面積が少ないと、奥歯の部分的な被せ物である銀歯やセラミック(インレー)になります。
 
部分的な被せ物(インレーについて)
 
保険治療と自費治療を選択できます
 
自費治療とは、保険が効かない治療で、保険治療がプラスチックの材質なのに対し、主にセラミックなどを材質として使用した被せ物になります。 保険と自費治療の被せ物の差は、料金の違い、色が白いかどうかだけでなく、材質や、強度、虫歯になりにくさ、汚れのつきにくさなどが挙げられます。
 
 
 
(2)インレー
 
保険治療(部分的な銀歯の詰め物)
 
メタルインレー
・長所
 
保険適応
 
・短所
①色
銀歯は会話したりする際にキラッと光り目立ちます
 笑うと目立つ
 
 
 
汚れが付きやすく、虫歯のリスクが上がる
 
個人差はありますが、自分の歯やセラミックの歯に比べて汚れが付着しやすいので虫歯や歯周病のリスクが上がります
 
 
二次カリエス(インレー)
 
入っていた金属を外すと痛みがなくても、気づかない内に虫歯になってしまっていることがよくあります。 保険治療では使用する材料が決められているため、強度や精度がセラミックなどの材料と比較して下がります。その結果、汚れが付着しやすい等といったことから虫歯のリスクが上がります。
 
②:自費治療
セラミック:e-max
 
※上の写真
はセラミックインレー(e-max)の症例です。色は個人差があります。
治療回数2回 治療費用 1本につき45000円(+税)
 
・長所
 
①色
色は、透明感や艶のある変色のない自然な歯になります。(個人差はあります)
 
 
②強度が高い
セラミックは、強度も高いのが特徴です。
 
③汚れが付きにくい
セラミックは傷がつきにくいため細菌がつきにくいのも特徴です。
 
上の写真が樹脂の写真です、染め出しをすると汚れがビッシリなのがわかるかと思います。
下の写真がセラミックの写真です。
 
セラミック
イメージしていただくと分かりやすいですが、プラスチック製の容器はだんだん黄ばんで汚れてきますが、
セラミックのお皿は綺麗ですよね。
 
・短所
 
自費治療になり、保険適応外。(費用が1本4万5千円+税)
 
お気軽にスタッフまでお問い合わせください。
 
 
診療予約方法
カウンセリング 診療をご希望の方は、事前に予約をお取りください。   ご予約の方法は2通りです。お痛みがあるなど緊急を要する方は、お電話ください。 〒491-0105 一宮市浅井町大日比野如来堂1545 にじいろ歯科/矯正歯科 こども歯科 一宮市の歯科医院です。歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・インビザライン・ホワイトニング 江南市、各務原市、稲沢市からも通いやすい歯医者です。 ご予約は0586-51-0418まで。初めての方はネット予約もございます。