お子様の歯並びは大丈夫ですか?

- Category - 小児歯科, 矯正治療

こんにちは。

一宮市浅井町にじいろ歯科です。   

今日は、歯並びの問題について、お話したいと思います。

主な不正咬合(ふせいこうごう)と呼ばれる歯並びの問題は以下のようなものがあります。

○歯がでこぼこ / 叢生(そうせい), 乱杭歯(らんぐいば)

歯にスペースがないと叢生が起こりますスペースが無く、歯がガタガタしている

 

歯がデコボコになってしまう歯並びです。

原因としては、歯の大きさに対して、顎が狭かったり歯が大きいために永久歯が生えるためのスペースが不足することで起こります。

○咬み合わせが深い,下の前歯が見えない / 過蓋咬合(かがいこうごう)

咬み合わせが深い場合は、早めの小児矯正が必要です

下の歯の1/3ほどを上の歯が覆うのが、正常です。

下の歯が上の前歯で隠れて見えなくなっていたり

上の前歯の歯茎に下の歯が咬みこんでいる

上の前歯の裏の歯ぐきに下の歯の先端が接していたりします。

○出っ歯 /上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突の場合、口呼吸にもなります。

歯だけが原因の場合・・・上の前歯が前に倒れていたり、下の前歯が内側に倒れていたりするために前歯が出ているように見えます。

骨格的な問題もある場合・・・上顎が出ている場合もありますが、下顎が小さいために上と下の顎のバランスが崩れている場合が多いです。

○受け口 / 下顎前突(かがくぜんとつ)

受け口は、早めの治療が必要です。

下の前歯が上の前歯を覆うような歯並びです。歯の傾きが原因の歯に限局する場合と、骨格的な問題(上顎の骨が小さい、下顎の骨が大きいなど)の場合があります。早期の治療が望ましいです。

○歯が後ろに出てきた / 反対咬合(はんたいこうごう)

早期接触による、顎の側方偏位が起こる場合もあります。

歯が後ろに出てきてしまうことで、本来咬む位置で咬もうとしても、後ろに出た歯が他の歯と当たり、咬み合わせが、ずれていってしまう場合があるので早めの治療が必要です。

○奥歯の咬み合わせが、横にずれている / 交叉咬合(こうさこうごう)

奥歯がずれていることにより、顔の変形にもつながる場合があります。

黄色の丸の部分ですが、本来であれば上の歯が下の歯を覆わなくてはいけないのが、逆になっています。咬み合わせの不良による場合や上と下の顎の大きさの違いにより噛み合せが、横にずれることがあります。このまま成長が進むと、顔のゆがみにつながる可能性があります。

○前歯が開いている / 開口(かいこう)

開口は早めの治療が大切です。舌癖やタオル咬みなども原因です。

主に指しゃぶりや、舌を前などに突き出したりと日常の習癖によって上下の歯の間に隙間ができる場合が多いです。発音の障害や前歯で物を咬むことができない摂食障害も起こってきます。このまま成長してしまうと、歯だけの問題ではなく骨格的にも問題が起き、治療も困難になるので、早期治療が大切です。

○すきっ歯 / 正中離開(せいちゅうりかい)

前歯に隙間があるのは、過剰歯や上唇小帯が原因の場合もあります。

永久歯への萌え変わりの際に、上の前歯に隙間ができるのは異常ではありません。しかしその隙間が2mm以上の場合は、自然に閉じてこない可能性が大きいです。上唇小帯が、上の前歯の間に入り込んでいたり過剰歯(かじょうし)と呼ばれる余分な歯が歯と歯の間に埋まっている可能性があるので注意が必要です。

○八重歯 / 犬歯低位(けんしていい)

犬歯が低位で萌出している場合

顎が小さかったり、歯の大きさが大きくて歯が生えるためのスペースが不足すると、犬歯が歯の並びに入ることが出来ません。外側の位置のままになってしまいます。

八重歯は、唇が閉じにくいといった問題もあります。また、犬歯は、咬み合わせでとても大事な役割持っていますので、しっかりとした位置で咬み合わせに参加させることが大切です。

○乳歯に隙間がない / 乳歯緊密歯列

乳歯が隙間無く並んでいます

乳歯では、歯と歯の間にスペースがあるのが正常です。しかし、隙間無く乳歯が並んでいる歯並びをされている場合、後から生える永久歯の方が大きいので、永久歯の重なり(叢生)が出てくる可能性が高いので注意が必要です。

 

江南市、扶桑町からも近い

一宮市浅井町 にじいろ歯科 

一般歯科・矯正歯科・小児歯科・口腔外科・予防歯科・審美歯科・インプラント・インビザライン