保険治療と自費治療の被せ物の違い(前歯)

保険治療と自費治療の被せ物の違い(前歯)
- Category - 予防歯科, 虫歯治療
こんにちは、一宮市浅井町の歯医者『にじいろ歯科』です。よく保険治療、自費治療の被せ物の違いについて質問をいただきますので、その違いについてお話したいと思います。

保険治療とは、保険で行うことができる治療で、前歯は表面に白い樹脂が貼り付けてある金属の被せ物になります。奥歯(犬歯の後ろの小臼歯に関しては、銀歯もしくは、樹脂の白い被せ物の選択も数年前からできるようになりました。)

自費治療とは、保険が効かない治療で、主にセラミックなどを材質として使用した被せ物になります。

保険と自費の被せ物の差は、主に、料金の違い、色が白いかどうかだけでなく、材質や、虫歯になりにくさ、汚れのつきにくさなどが挙げられます。

 

☆保険治療:前歯(樹脂)

裏が金属

・長所

 保険適用

・短所

①色の変化

プラスチックの樹脂なので、初めは綺麗でも、程度に個人差はありますが、数年経ってくると黄色く変色しやすいです。

保険の前歯

保険治療の前歯の色の変化

②汚れが付きやすい

染め出しで汚れがいっぱい

汚れを赤く染め出した写真です。個人差はありますが、自分の歯やセラミックの歯に比べて汚れが付着しやすいので虫歯や歯周病のリスクが上がります

 

☆自費治療:前歯(セラミック)

ジルコニア

・長所

①色

色も合いやすいので透明感や艶のある変色のない自然な歯になります。(個人差はあります)

E-MAX

②強度が高い

ジルコニアセラミックは、人工ダイヤとも呼ばれ、強度も非常に高いのが特徴です。

③汚れが付きにくい

メタルボンド

上の写真は、歯磨きをしっかりしていただいた後に、汚れを赤く染め出した写真です。

黄色の矢印の赤く染まっている所は自分の歯で、上の前歯(セラミック)部分の磨きにくい所は、逆に汚れがしっかりと落ちていることが判ります。
セラミックは傷がつきにくいため細菌がつきにくいのも特徴です。

・短所

自費治療になるので、保険が適用でない。(費用が1本7万円~)

お気軽にスタッフまでお問い合わせください。

〒491-0105 一宮市浅井町大日比野如来堂1545

にじいろ歯科/矯正歯科 こども歯科 一宮市の歯科医院です。歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・インビザライン・ホワイトニング

ご予約は0586-51-0418まで。初めての方はネット予約もございます。