虫歯になりやすいのはナゼ?

虫歯になりやすいのはナゼ?
- Category - 予防歯科, 虫歯治療

こんばんは。

一宮市浅井町のにじいろ歯科です。

歯磨きをしなくても、全然虫歯が出来ない方がいる一方で、自分は歯磨きをしっかりしてるつもりなのに虫歯になってしまう。

何故だろう?って思ったことはないでしょうか?

口の中には多くの細菌がいます。虫歯に関係のある菌は数種類見つかっていますが、その中の1つ、ミュータンス菌に関してのお話をしたいと思います。

人は、生まれた時、口の中に虫歯を作る原因となるミュータンス菌は実は存在しません。2歳から4歳頃お母さんの唾液の中に含まれている細菌によって感染が起きていることが明らかになってきています。

実は・・・虫歯は感染症なんです。

感染症である虫歯菌について

昔はよくある風景でしたが、お母さんが食べ物を自分の口で柔らかくして、子供に食べさせたり同じスプーンを使っていたりすると、お母さんの唾液の中の細菌が子供に垂直感染を起こしてしまいます。

このときに、虫歯の原因菌を多く保有されている親を持つ家庭では子供は虫歯になりやすくなってしまいます。逆に菌の少ない親の子供は、感染リスクも低くなり、虫歯になりにくい口腔内環境となっていきます。

子供と接する機会が、いちばん多いこともあり、お母さんと書いていますが、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟、姉妹間など感染する機会はいくらでもあります。ですから家族間で虫歯に関する知識をしっかりと共有する必要があります。

では、もう感染している場合は、どうしたらよいのでしょうか?

一度ミュータンス菌に感染をするとミュータンス菌を0にすることはできません。では感染した人は、どうしたらよいのでしょうか?

ミュータンス菌を無くすことはできませんが、菌の活動を下げて虫歯になるリスクを下げることはできます。

菌の活動を下げるには、歯磨きをしっかりすることもちろんですが、それだけではなく、食事をする時間の間隔や間食の摂り方など生活習慣に関することも改善しなくてはいけません。生活習慣は、個々で異なるため一人一人、改善しなくてはいけない点は異なってきます。

そのため当院の治療の流れは、基本的には唾液検査(サリバテスト)を行い、個々の虫歯のリスクを診断します。そして、ご自身のお口の中の状況、どうすれば虫歯になるリスクを減らすことができるのかといったことを説明させていただきます。

サリバテストの結果説明をします。

そして、まずは初期治療として、歯茎の中に入り込んでいる歯石や汚れをしっかりと取って、お口の環境を綺麗にした状態で、本格的な治療に入っていきます。もちろん、痛みがあったり、虫歯で穴が空いてしまって食事ができないといった時は、最初に痛みを取ったり、穴を塞いだりと応急的な処置はさせていただきます。

すぐに治療を行わないのは、お口の中の環境が整っていない状態で治療をしても再度虫歯になるリスクが高くなってしまうからです。そのため少し遠回りだと感じても、これから先長く自分の歯を残すために、しっかりと環境を整えた状態で治療をすることが望ましいと思います。

歯科医院で定期的なメンテナンスを受けるだけでなく、ご自宅でも自分の歯に対するメンテナンスを心掛けていただいて、いつまでも自分の歯でしっかりと食事をすることができるよう、お手伝いできたらと思います。

一宮市浅井町 にじいろ歯科

一般歯科・矯正歯科・小児歯科・口腔外科・予防歯科・審美歯科・インプラント・インビザライン